アクセサリー

「Ctrl」+「F」を使うと、こちらのページ内がキーワードで検索できます。

RC4-1またはRC4-2の設定方法を教えてください。

Compassに補聴器を接続して、「調整の完結」→「リモコンマッチング」をクリックします。リモコンモデルと操作する補聴器の
左右を選択し、「次へ」で進みます。
リモコンの設定画面が表示されるので、確認または変更し、「次へ」をクリックします。マッチング画面へ進んだら、ここで表示
される3つのコード番号を使ってマッチングを行います。
詳細手順は、こちらをご参照ください。

RC4の液晶画面に「ERR」と「OR」と2行表示されました。どうすればよいですか?

補聴器とRC4の再マッチングをしてください。

異なるシリーズまたはクラスの補聴器を両耳装用している場合、1台のRC4でマッチングすることはできますか?

はい、MENUとmindであればマッチングできます。
ただし、各補聴器は個別にフィッティングする必要があります。それぞれの補聴器に同じプログラム数、同じリモコン設定
(タイマーやディスプレイのオン/オフなど)にすると、同じコード番号になります。
1台目の補聴器をRC4とマッチングし、切断します。その後、2台目の補聴器を接続し、マッチングを行います。

RC4の液晶画面に奇妙な数字が表示されました。どうしてですか?

RC4の液晶に奇妙な文字が表示された場合は、電池が少なくなっている可能性があります。新しい電池に交換してくだ
さい。電池が消耗して、しばらく時間が経ってしまうとマッチング情報が消失し、補聴器の操作ができない場合があります。
その際は再度マッチングを行ってください。

RC3-1またはRC3-2の設定方法を教えてください。

RC3に電池を入れ、蓋を閉めてから10秒以内に「+」を押しながら「1」または「(・)」を押します。ディスプレイに「Pro」と表
示されたら「1」または「(・)」で次へ進みます。
詳細手順は、こちらをご参照ください。

WIDEX CROSのCROS、BiCROSの設定方法を教えてください。

WIDEX CROS マッチング手順をご参照ください。併せて、CROSのお取扱いについてWIDEX CROSの使い方もご確認ください。

WIDEX CROSに対応している補聴器を教えてください。

UNIQUEシリーズ、DREAMシリーズ、DAIL100・DAILY50でお使いいただけます。
ただし、CIC-Mは非対応です。

WIDEX CROSは追加したプログラムでも使えますか?

WIDEX CROSを使用中に他のプログラムは使用できません。
他のプログラムを使用する場合は、CROSからの転送をオフにしてください。

WIDEX CROSから補聴器に転送される音は、どのように調整したらよいですか?
プログラムまたは設定が必要ですか?

CROS/BiCROSとも、WIDEX CROSから転送される音は、マスタープログラムの周波数レスポンスや騒音制御等の設定が反
映されます。

WIDEX CROSのバッテリーカバーを閉じましたが、CROS側からの音が聞こえません。

バッテリードアを閉めた後、CROSのプログラムボタンを押すと、送信が開始されます。
また、COMPASS GPS V2.4 SP1以降がインストールされていれば、CROSの電源を入れるだけで送信が開始されます。
設定手順は、「COMPASS GPS」でお使いいただく補聴器とCROSを「使用操作」画面の「CROS/BiCROS」から「マッチング」を
行い、自動送信を「オン」にします。

WIDEX CROSのボリューム操作はどうするのですか?

WIDEX CROSが送信中のときに、CROS-FAのボリュームコントロールを上げていくと、CROS-FAを装着している側の音が大き
くなり、反対にボリュームを下げると音が小さくなります。この操作はCROS-FSではできません。
また、WIDEX CROSで通信中、ボリュームコントロール付きの補聴器でボリュームコントロールを操作すると、CROS使用の場合、
WIDEX CROS側の音のみ上げ下げできます。
BiCROSの場合は、WIDEX CROS側の音だけでなく、補聴器のマイク入力音もコントロールされます。

WIDEX CROSにバッテリーアラームは付いていますか?

いいえ、付いていません。
WIDEX CROSの電池が切れたとき、プログラム1(初期設定はマスタープログラム)に切り替わり、そのお知らせ音がお客様
に聞こえます。

WIDEX CROSの電池寿命を教えてください。

FSモデル約150時間、FAモデルで約120時間です。

WIDEX CROSを使いながら、M-DEXから操作することはできますか?

M-DEXからの転送はWIDEX CROSはオンでも働きますが、ストリーミングデバイスを使う前にCROSの転送をオフにすること
を推奨します。
リモコン操作のためにM-DEXを使う場合は、CROSをオフにしてください。

WIDEX CROSで通信しているときに、UNI-DEXやTV-DEXの操作はできますか?

はい、UNI-DEXまたはTV-DEXは、WIDEX CROSがオンの間も使用することができます。
しかしながら、UNI-DEXやTV-DEXなどのストリーミングをする前にWIDEX CROSの転送をオフにすることを推奨します。

WIDEX CROSの通信開始・終了時のお知らせ音を鳴らさないように設定できますか?

設定できます。
COMPASS GPSに補聴器を接続し、「使用操作」⇒「補聴器 構成」⇒「お知らせ音」の順でお知らせ音設定画面を開きます。
「☑DEX/CROS 通信 開始/終了」または「☑DEX/CROS 通信開始」の✓を外してください。

COMPASS GPSでWIDEX CROSの接続ができなくなってしまいました。どうしたらよいですか?

自動送信に設定されていませんか?
WIDEX CROSのプログラムボタンをマッチングされている補聴器に近づけて、1回押し、再度CROSのマッチング・設定を行って
ください。

SCOLA FMシステムの使い方を教えてください。

補聴器とスコラフレックス、FMシューを接続します。
スコラティーチの電源を入れ、専用充電池の残量が十分あることを確認してください。
補聴器の電源を入れ、FM使用時の設定にします。続けて、スコラフレックスの電源を入れ、FMの音が受信できていることを
確認してください。
ご使用後は、スコラフレックスのスイッチをオフ(スイッチ0の位置)にした後に、スコラティーチの電源スイッチを長押しして電
源を切ります。
詳細は、スコラティーチ基本操作説明スコラティーチ→スコラフレックス操作上の注意をご確認ください。

スコラフレックスが取り外せません。取り外し方を教えてください。

スコラ取り外しツールをスFMシュー(補聴器プログラムボタンやボリュームコントロール側に当たる面)とスコラフレックスの間
の角に斜めに差し込みます。
取り外しツールをFMシューとスコラフレックスの間でスライドさせ、一辺に差し込みます。取り外しツールをシュー側に向かう
方向に押しながら、シューの接続部の段差まで差し込みます。

従来のカスタムイヤチップにEASYWEARレシーバーを取り付けられますか?

いいえ、EASYWEARのレシーバーハウジングの形状が新しくなり、従来のカスタムイヤチップには取り付けられません。

EASYWEAR用の新しいメジャーツールはありますか?

EASYWEARは従来のイヤワイヤのメジャーツールを使います。

DRY-GO UVの使い方を教えてください。

電源ケーブルとDRY-GO UVを接続し、コンセントにACアダプターを取り付けます。
補聴器から空気電池を取り外し、専用のマグネットシートの上に置いてからDRY-GO UVの中へ補聴器を入れてください。
電源ボタンをタッチし、蓋を閉めます。
動作開始後と終了前の4分間、紫外線が照射されます。
乾燥時間は4時間です。電源は自動的に停止します。
詳細は、こちらをご参照ください。

DRY-GO UVの新モデルと旧モデルの違いを教えてください。

電源ケーブルの接続端子、乾燥温度/時間がかわりました。
現行モデルの電源ケーブルはDCプラグですが、旧モデルはMicro-USBでした。

乾燥温度/時間は、現行モデルで50℃/4時間、旧モデルは55℃/3時間です。
また、現行モデルの紫外線照射は、動作開始後と終了前の4分間ですが、旧モデルは動作開始後と終了前の8分間でした。

紫外線照射後4分以降もDRY-GO UVの青いランプが消えません。故障ですか?

いいえ、故障ではありません。
電源が入ると、青いランプが点灯し、蓋を閉めると紫外線照射がはじまります。
紫外線照射がされている間、青いランプは点滅します。
4分経過すると青いランプは点滅から点灯に切り替わります。

ただし、2015年8月以前に販売されたDRY-GO UVは、紫外線照射時のみ青いランプが点滅し、紫外線照射終了とともに
青いランプは消灯します。
現行モデルと旧モデルで違いがありますので、ご注意ください。

DRY-GO UVで紫外線照射中に、蓋を開けても大丈夫ですか?

紫外線照射中に蓋を開けると、自動的に紫外線照射を停止する安全装置付きです。
再度蓋を閉めると紫外線照射がはじまります。