AI機能は、補聴器をスマートにします
Widex EVOKE™は、世界中のユーザーの実際のリスニング体験から学び続ける唯一の補聴器です。

ワイデックスがそのユーザーや何百万もの他の聞こえの体験から学んだこととユーザーのリアルタイムの入力により、あらゆる聞こえの出来事を完璧にするため、絶えず動作しています。

それは、聞こえの概念を進化させるパラダイムシフトです。
誰でも簡単に使えます
お客様の調整が終わった時点から、EVOKEアプリを使って聞こえの操作ができます。

お客様がすることは、2つの音の設定を聞き比べ、好みの方を選ぶことです。複雑な操作を覚える必要はありません。お客様がアプリを使う程、補聴器はお客様がどのような聞こえを欲しているか知ることができます。
EVOKEは進化を止めることはありません。

※サウンドセンス ラーンは、EVOKE110を除く、EVOKE F2/Z-F2モデルのみ対応です。
進化する補聴器
いつも誰かが我々の相互に作用するAI機能ベースのサウンドセンス ラーン テクノロジーを使用するたびにEVOKEユーザーが何百万もの様々な聴取環境で、どのように聞くのを好むのか学びます。

このデータを使用して、より正確なファームウェアの更新アルゴリズムに生かされ、EVOKEが継続的にユーザーにリアルタイムで利益をもたらそうとします。
そして、あなたが今日販売した補聴器は、明日よりさらに良くなるように進化しています。
現実世界における
進化

EVOKEはAI機能を使用する世界初の補聴器です。毎日すべてのユーザーの音の経験に役立ちます。さらに世界中のユーザーの聞きとりの好みから学んでいます。進化を研究室や医療機関の中から毎日の暮らしへ伝えるために進化させていきます。

今、さらに多くの新しいお客様をサポートすることができます。そして、それらを満足させられるでしょう。

ユーザーの好みを補聴器が
記憶する
EVOKEは、音環境ごとに、複数のパラメータに渡って、ユーザーの設定を記憶するワンタッチコントロールを備えています。これはまったく新しい場所を訪れた場合でも、お客様が最適な聞こえを直ちに体験できることを意味します。

さらに、ワイデックスのToneLinkアプリは、Wi-FiやBluetooth無しで、EVOKEと通信するので、自由度があります。

※サウンドセンス アダプトは、CIC-Mモデル・EVOKE110は対応していません。