スピーチ エンハンサー

ノイズリダクション機能は、ノイズを低減するだけではありません。
IE スピーチエンハンサー
ワイデックス補聴器の製品の一部に、IE [インターイヤー] スピーチエンハンサーが搭載されています。騒音環境の中でコミュニケーションを取ることは、補聴器ユーザーにとって最も難しい状況の1つで、多くのユーザーは1人の話し手に集中することに困難を感じています。

左右の補聴器間でのインターイヤー調整機能により、IEスピーチエンハンサーは、騒音環境の中で主要な話し手の声を抽出することが可能です。
ワイデックススピーチエンハンサーシステムの公式。
独自のノイズリダクションシステム
補聴器の上位器種のほとんどには、何らかのノイズリダクションシステムが搭載されています。しかしながら、ノイズリダクションシステムの戦略は、メーカーごとに異なります。

最近行われた研究では、ほとんどのノイズリダクションシステムは、ノイズを低減させるために単に低周波の音を抑えているだけであることが明らかになりました。この方法では、背景騒音と共に話し言葉のキューも弱められてしまうリスクがあります。

一方、ワイデックスのスピーチエンハンサーシステムでは、騒音をリスナーの可聴閾値に収まるようにノイズを抑えることが可能で、また、話し言葉の帯域に追加の利得を使用することにより、この帯域の音を強調することができます。
最高の音声了解度と快適な聴覚体験の両立
既存のノイズリダクション戦略との違いには、フォーカスの違いが反映されています。一部のシステムは、ユーザーが音声をできる限り快適に聞けるようにすることを目指しています。音声了解度の向上が目的のシステムもあります。

ワイデックスのスピーチエンハンサーの主な目的は、可能な限り最高の音声了解度と、快適な聴覚体験の両方を提供することです。

スピーチエンハンサーは、クライアントの難聴の程度を考慮し、標準化された測定基準である語音明瞭指数(SII)を使用して、その時の聴覚環境における音声理解に最適な利得を算出しています。 

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。