インターイヤー

左右の補聴器が無線で情報を交換しながら連携して働き、自然に近い音の広がりをユーザーに届けるワイデックスのユニークな機能です。
人間の聴覚機能からヒントを得たインターイヤー
私たちは、一体となって機能する2つの耳により、さまざまな方向からの音声を聞くことができます。インターイヤーは、聴覚のこの基本的な特性からヒントを得て生まれました。

インターイヤー機能により、1台の補聴器が受けたすべての入力信号が、もう1台の補聴器と共有されます。2台の補聴器によるデータ共有は、最高で毎秒21回と極めて高速で行われます。2台の補聴器間で行われるこの高度な処理により音質が向上し、音声の位置特定と聞くべき話し声の抽出がより確実に行えます。

データの共有と同期はワイデックスリンクによってサポートされています。ワイデックスリンクは、インターイヤーデータの送信と同期化、およびデータの補聴器へ無線送信を行うために特別に設計された、初めての補聴器専用のワイヤレス技術です。
インターイヤー機能
ワイデックスの最新の補聴器シリーズに組み込まれたインターイヤー機能では、以下の重要な機能の調整が可能です。

**IE トゥルーサウンドコンプレッション** - 音源の左右の方向性の判断に使用する重要な空間の手がかりを保持します

**IE フィードバックキャンセリング機能** - システムによるフィードバック特定の精度を向上させ、「偽陽性(誤検出)」を回避できます。

**IE スピーチエンハンサー** - SII(音声了解度指数)と両耳の百分率情報を使用し、閾値を超える話し声を識別しやすくし、背景騒音を減衰させ、主な話し手の声の抽出をサポートします。

**IE Zen による耳鳴りの緩和** - リラックス効果を提供し、耳鳴りの緩和をサポートします。(IE Zenは両耳間でステレオ効果を発揮します)。

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。