HDロケーター

焦点を定めて効率的にノイズを除去
指向性マイクシステム
正常な聴覚を持つ方に比べ、聴力障害のある方は、騒音のある環境での話し言葉の理解に困難を感じています。そのため、聴力障害のある方にとっては、ノイズを低減する機能が非常に重要となります。

ノイズの低減は、補聴器による音声信号の処理中に、信号内のノイズを低減するノイズリダクションアルゴリズムによって実行されます。

ノイズを低減するための戦略の2番目は、補聴器への入力が許容されるノイズの量を低減することです。これは指向性マイクが得意とするところです。

ワイデックス補聴器の指向性マイクシステム、HDロケーターは、2個の全方向性マイクで構成されています。マイクシステムは適応型です。つまり、使用時の聴覚環境で最高のSN比を生み出す極性パターンを前提とします。 
指向性パターンによりノイズを抑制
騒音のない静かな環境では、マイクシステムは、全方向から均一に音声を拾う全指向性パターンを前提とします。

しかし騒音がある環境では、システムは、騒音の少ない方向から音を拾う指向性パターンを前提とします。

たとえば、補聴器ユーザーの後方に騒音源がある場合、マイクシステムはカーディオイドパターンを前提として、前からの音声を拾い、横と背後からの音声の大半を除去します。 
デュアルマイクシステムのメリット
デュアルマイクのもう1つのメリットは、2つのマイクから入る信号を複数の狭帯域に分割し、それぞれを個別に処理できることです。

つまり、実際にノイズが存在する周波数帯域に的を絞り、ノイズの抑制のために前提とする方向性パターンを決定することができます。

このように信号を微細に分割できないシステムでは、前提とする方向性パターンの決定において、全周波数帯域の間での最善の妥協点を設定する必要があります。

ある方向に低周波の騒音源(自動車のエンジンなど)があり、また他の方向には高周波の騒音源(エスプレッソマシンなど)がある場合、デュアルマイクシステムは両方の騒音源に対する感度を個別に低減し、補聴器ユーザーに聞こえるノイズの総量を効果的に低減することができます。 

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。