デジタル ピナ

人間の耳介のように働き、音のする方向の特定を容易にします。
耳介の働き
耳は、主に耳介(外耳)の存在とその形状により、いくつかの方向特性を持っています。これらの耳介効果は、特に2~8kHz前後の周波数の音の前後の方向性を判断する能力にとって重要です。

耳介効果の1つが耳介のシャドウ効果です。前方からの音声はほぼ直接外耳道に到達しますが、後方からの音声は耳介に妨害されるため、外耳道に到達する前に減衰してしまいます。

耳介のシャドウ効果は、2~5kHz前後の周波数の音において最も顕著で、後方からの音声では、前方からの音声と比較して3~4dBの減衰が生じます。自然なこの3~4dBの音声レベルの差は、聞き手にとって音源の前後の方向性を知る上で重要です。

マイクの位置は、音声がどの方向から届いたのかを判断する補聴器ユーザーの能力にマイナスの影響を与える可能性があります。特に、マイクが耳介の後ろにある耳かけ型(BTE)補聴器では、耳介のシャドウ効果は維持されず、そのため音源の前後の方向性を識別する能力の一部が失われます。
平均的な耳介のシャドウ効果。正面から来る音に比べて背後からの音は3-4デシベル減衰されることになります。

音の位置特定を向上
デジタルピナ搭載のBTEでは、適応型のロケーターの制約により、本物の耳介のシャドウ効果をシミュレートします。

具体的には、2kHz以上(10~15バンド)の周波数帯域に固定指向性モード(前方にある音声を拾い、左右および後方からの音声の大半を除去するハイパーカーディオイド)を設定することにより、後方からの音声の自然な減衰を再現することができます。また、低周波数帯域(1~9バンド)では全方向性モードを維持します。

デジタルピナ搭載補聴器のマイクシステムは、デジタルピナ起動中は適応型システムとなります。静かな聴覚環境では、上述のとおり、低帯域(1~9バンド)では全方向性モード、高帯域(10~15)ではハイパーカーディオイドとなります。
騒音環境では、低周波数帯域のマイクモードは全方向性モードから双極性へ特性を適応させることができます。一方、高周波数帯域では可能な限り最高の音声明瞭度を提供するために、ハイパーカーディオイドから双極性へ移行します。

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。