オーディビリティ エクステンダー

高周波音の聴覚障害のある方は、多くの場合、話し言葉の理解、音楽や自然音の感知力に問題が生じます。このため、ワイデックスではオーディビリティエクステンダーを開発しました。
聞こえない音を聴き取れるようにする
ワイデックスのオーディビリティエクステンダーは、聴覚障害のある方の聴力範囲を拡大します。

これは、高周波の語音、鳥の鳴き声などの環境音、玄関の呼び鈴、音楽などの不可聴音を、聴覚障害者が聴き取れる周波数域に移調することによって実現します。
線形周波数変換
オーディビリティエクステンダーはリニア周波数移調を使用しています。リニアという意味は、1つの周波数部分を、信号の圧縮またはゆがみなしに低帯域へ移調するということです。

この方法により、原音の重要な調波関係・周波数変調幅が維持されます。このため、たとえば、ある目覚まし時計のアラーム音が移調しても、同じ目覚まし時計のように聞こえます。

オーディビリティエクステンダーの試験は、ORCA US.などのワイデックスの研究施設にて、成人の方とお子様を対象に行われました。これらの臨床試験では、リニア周波数移調は音声了解度を向上させ、自然音の聞こえを良くすることを示唆する好ましい結果が得られました。
言語知覚にとって重要な高周波音声
研究では、高周波音声を除去することは、成人の言語知覚にマイナスの影響を与える可能性があることが示されています。

また高周波音の難聴は、子どもの正常な言語発達の遅れ、または未発達の原因になる可能性があることが明らかになっています。

話し言葉を正しく識別する能力は、高周波音をどの程度まで聞くことができるかに大きく左右されます。多くの子音のスペクトルエネルギーは、主に高周波音に置かれています。

そのため、高周波音の難聴を持つ場合、/s/、/∫/、/t/、/z/などの子音の識別が困難になります。.英会話では、/s/と/z/は複数形、所有形、短縮形および三人称単数の時制を示すため、識別できる能力が重要となります。

また、高周波音の難聴では、sip – tip –ship – chip、but – bus – bustなど、発音の似た言葉を区別する能力が損なわれます。またこれは言葉の生成、たとえば話し言葉における /s/ などの子音の正しい発音にも影響します。
パーソナル・オーディビリティ エクステンダー
COMPAS GPS フィッティングソフトウェアでは、すべてのプログラムと入力タイプの機能としてオーディビリティエクステンダーを利用できます。このため、ワイデックスではこれをパーソナル・オーディビリティエクステンダーと呼んでいます。

すべての性能レベルでは10の開始周波数をご利用いただけ、また特定のプログラムを使用する場合には、すべての入力タイプでオーディビリティティエクステンダーを使用するためのオプションをご用意しています。このため、パーソナル・オーディビリティエクステンダーでは、より多くの機能をお客様に提供することができます。

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。