トゥルーサウンド スタビライザー

トゥルーサウンド スタビライザーは、低速のコンプレッサーでは十分でない状況で役立ちます。
あらゆる状況で最適な利得
コンプレッサーは常に、可聴性、了解度、コントラストと快適さの維持のための設計基準に基づき、あらゆる状況において最適な音響利得を使用することを目指します。

補聴器ユーザーは低速のコンプレッションシステムが生成した音質を好むことが示唆されているため、ワイデックス補聴器のコンプレッションモードはデフォルトでは低速です。ただし、低速のコンプレッサーでは不十分な状況もあります。この状況をサポートするのがトゥルーサウンドスタビライザーです。

トゥルーサウンドスタビライザーは、トゥルーサウンドコンプレッションシステムから期待される高音質を厳しい条件下でも維持します。

トゥルーサウンドスタビライザーは、環境変化の激しい特別な状況に対処するため、また信号の時間比およびスペクトラル比の不鮮明化を防止するために設計されています。
音量レベルの急変 
大音量では、静かな環境と同量の音響利得は利用できません。そのため、補聴器は音のレベルの急上昇に対して迅速に対応できなければなりません。

トゥルーサウンドスタビライザーは、より大きな音量レベルに合わせて迅速に利得を減少させる速攻性のメカニズムです。

トゥルーサウンドスタビライザーが有効でない場合、音量のピーク時に最大音響利得が使用されるため、ユーザーには非常に大きな音に聞こえます。これに対し、トゥルーサウンドスタビライザーが有効な場合、ピーク音量が抑えられます。

トゥルーサウンドスタビライザーが有効となるもう1つの状況は、補聴器のユーザーが騒々しいパーティ会場にいるとき、携帯電話が鳴り、これに応答するため会場から出る場合です。

トゥルーサウンドスタビライザーは、非常に騒々しいパーティ会場で必要とされる量から、通常の会話に必要な量へと利得をすばやく調節します。

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。