トゥルーサウンドAOC

補聴器の処理行程の最終段階では、音声処理のコアの質の高い音声をユーザーに戻す処理が含まれます。これを行うのが自動出力制御(AOC)です。 AOCはレシーバーに送られる音声信号をモニターし、音量が大きすぎてレシーバーが処理できない信号を無効にします。これは2段階で処理されます。
ステップ1 ‐ 狭帯域AOC
最初に、AOCは、各チャンネルの出力が、歪みとなるレベルを超えていないかどうか、または個々のユーザーのためにフィッティングソフトウェアで設定した最大出力(MPO)を超えていないかどうかをチェックします。

もし超えている場合は、AOCは該当チャンネルの音響利得を低下させます。信号が大きすぎるため、隣接するいくつかのチャンネルのレベルに影響する場合は、これらのチャンネルの音響利得も調整されます。

このステップを狭帯域AOCと呼びます。
ステップ2 ‐ 広帯域AOC
2つ目のステップは広帯域AOCで、これは処理された信号が1本の出力信号に結合された後に実行されます。

この時点で、AOCは最終信号の正確な出力を測定できます。これにより、レシーバーが物理的に処理できないほど大音量の出力信号を無効化することができます。

シグナルチェーンで発生しているわずかな遅延を利用することにより、測定は早い段階で行われ、信号が再生される前に処理が行えるよう、システムには十分な時間が与えられます。この方法によりAOCは出力のクリッピング歪みを防止します。ワイデックスではこれをプレピーク検出と呼んでいます。 

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。