フィードバックキャンセリング機能

高周波のハウリング音(フィードバック)は、補聴器を使用する上で頻繁に発生する問題です。
気になるハウリング音
ハウリング(フィードバック)は、補聴器からの増幅された音声が補聴器のマイクに拾われ、そのまま補聴器を通過するために発生します。増幅がある程度以上になると、フィードバックループを通過する信号はますます大きくなり、最終的に高周波のハウリング音になります。

幸いにも、最近の補聴器の上位器種のフィードバックキャンセリングシステムは、フィードバックの問題を最小限にする上で高い効果を発揮します。
フィードバックキャンセリング機能
ワイデックス補聴器の最新モデルのフィードバックキャンセリングシステムは、2つの主要部分で構成されます。

1つ目はフィードバックパスシミュレーターで、レシーバーによって再生され、補聴器のマイクに戻る信号部分をモニターします。

フィードバックパスシミュレーターの目的は、入力信号のこの部分を再度増幅される前に除去することです。つまり補聴器は、フィードバックキャンセリング機能を利用できない場合に比べ、フィードバックを発生させることなく、より多くの利得を提供できます。
動的キャンセルオプティマイザー
フィードバックキャンセリングシステムの2つ目の主要部分は、入力信号を分析する動的キャンセルオプティマイザーです。信号が聴き取り可能なハウリング音であることが検出されると、影響のある周波数で利得が低減され、フィードバック音のない安定した音声が提供されます。

フィードバックパスシミュレーターは、ハウリング音を防止するため補聴器の再増幅を阻止するよう設計されていますが、常に十分に早く機能するとは限りません。このような場合には、動的キャンセルオプティマイザーが介入します。

動的キャンセルオプティマイザーは、入力される音を継続的に分析することにより、それが除去すべきフィードバック音かどうか、またはユーザーが聞くのに好ましい音声かどうかを判断することができます。

フィードバックの場合、動的キャンセルオプティマイザーは、ハウリング音を阻止するため、影響を受ける周波域の利得を調整します。
インターイヤーフィードバックキャンセル
ワイデックス補聴器の多角的でアクティブなフィードバックキャンセルシステムは、動的フィードバックの問題の制御に極めて有効であることが明らかになっています。

また、InterEar機能搭載の補聴器シリーズ、UNIQUEやCLEAR、SUPERの導入により、ワイデックスは、業界をリードする補聴器の精度をさらに高めてきました。具体的には、ホイッスルやアラーム音などの自己相関する外部の音声(反復パターンの音声)が補聴器によって捉えられると、InterEar機能が補聴器間で調整を行います。つまり、動的キャンセルオプティマイザーは、両耳により検出された音声を比較することができます。

フィードバックに似た信号が両側で同じである場合、フィードバック信号ではなく、外部音声であると推定されます。このように、InterEar フィードバックキャンセル機能により、「偽陽性(誤検出)」に起因する不要な利得調整を回避することができます。

UNIQUEは限界に挑戦します

“より多くの音をとらえ、きれいにして、いつでもどこでも最適な音を届ける”-。独自の最先端機能を数多く搭載したUNIQUEは、他の補聴器とは一線を画す製品です。